データ分析・攻略 稼働記事

バジリスク絆の4スルーは勝てる?勝てない?天井狙いハイエナの収支と非等価の立ち回りを公開!

投稿日:2018年2月4日 更新日:

t今さら感のある話題ですが、今回はバジリスク絆のハイエナについてです。

4スルーは勝てるのか?

非等価でもやれるのか?

僕が実際に150台弱打った結果を公開しようと思います。

バジリスク絆のハイエナ収支

まずは、今までのバジリスク絆のハイエナ収支です。

 

トータル収支:プラス523,000円。

こなした台数は計149台で、勝率は52.3%。

平均投資額は、7,270円、平均回収額は、10,792円で、一台あたりではプラス3,522円。

 

1台あたりの最高投資額は、43,490円で、最高回収額は95,849円でした。

 

ちなみに、ハイエナ中にはフリーズは一度も引けていません。

 

一台当たりの消化時間は、約40分。台を探すために歩いていた時間は含んでいません。

 

打ったのは、ほぼ非等価のホールです。

貯メダルが500枚と、当日の持ちメダルは無制限に使えるので、最大限に利用していました。

立ち回りについて

収支はなかなかよかったのですが、実際にどんな感じで打っていたのかおさらいして見ます。

僕は主に非等価の地域で立ち回っています。等価のお店にも行くことはありますが、頻度は低いです。

 

基本的には仕事帰りや、ヒマな時間などにパチンコ屋さんへ行って、ハイエナできる台があれば打つ、なければ打たないという感じです。

ジャグラーなどのノーマルタイプを設定狙いとして打つすることも多くあります。

仕事帰りの場合、パチンコ屋さんが閉店するまでの残り時間も限られているので、ジャグラーの方が多かったりします。

まずは、その日設定に期待できそうなお店から覗いて、良さげなジャグラーがあれば打つ。

なければハイエナができそうな台を探す。

そういう感じすね。

設定狙いでもハイエナでも打てそうな台がまったくなくて帰ることも結構あります。

「打つぞ!」と意気込んてお店に行くというよりは、帰り道にコンビニに寄り道するような感覚とでも言いましょうか・・・

 

非等価店の場合、貯メダルがある状態の店にしか行きません。

僕が行くお店は、再プレーは500枚上限、当日持ちメダルは無制限に利用できます。

 

最低のボーダーはBCスルー狙いは4スルー以上。BC間天井狙いならば300ゲーム以上です。

人によっては、5スルー、350ゲームという人もいますが、あまり拾えないかなと思います。

 

最近は、4スルー、300ゲームでもあまり拾えなくなっています。

これは、旧基準機の設置が減ったことと関係あると感じています。

旧基準機の設置が減ったのに、需要はあまり変わらないせいか、稼働が前よりも上がった感じなのです。

なので、ハイエナに最適な「ほどほどの稼働状況」のホールが減っています。

ガラガラか満席か、そういう二分化が起きているように感じます。

客付きのいいホールでは、8時半とかの遅い時間にならないと空かないことも多いです。

こんな時間から空いても打ちづらいですし、最後まで空かないこともあります。

 

打つ打たないの判断は、時間や当日貯メダルの残り枚数を考えて決めます。

とはいえ、あまり難しいことを考えているわけではなく、とにかく現金投資を極力避けるということをポイントに判断しています。

打ち始めの時間は、4スルーなら8時くらいがギリギリかなと感じています。

(4スルーくらいだと2時間くらいは拘束されることがザラにあるので)

 

宵越しとか、そういうのはほとんど意識していませんし、朝からハイエナをするためにお店に行くこともありません。

というか、通常営業・特定日にかかわらず、絆だけは全台リセットがかかっているお店が多いと感じています。

あまり厳密に把握しているわけではありませんが、他の機種はベタピン放置なのに、絆だけは朝から高確に滞在していたり、高モードにいるケースをわりとみるため、全リセと決めつけることで、変な期待値マイナスな台を打つリスクを減らしています。

 

打てる台がないときは特に待つこともせず、帰tたり、ジャグラーを打ったりします。

ホール内を徘徊したり、ハマっている台を待ち伏せすることもありません。

ホールに入って、目の前で空いている台以外は狙いません。

4スルーの収支

気になる方も多いであろう、4スルー狙いの収支を見てみましょう。

 

打った台数は57台。

プラスが29台、マイナスが28台。

平均投資額が10,256円。平均回収額が13,111円。平均収支はプラス2,855円。

消化にかかった時間は、平均52分。時給は3,314円。

時給というのは、ほっつき歩いている時間を含んでいないので、意味がない指標だと思いますが・・・

 

結果だけ見ると、一般的に言われている期待値よりも高めに出ていておいしそうに見えます。

 

ただ、57台というのは、あまり多いとは言えない台数なので、まだなんとも言えません。

あまりツイていたという感覚はありませんが、ツイていたのかもしれません。

楽観的に捉えるならば、非等価店が多かったので、意外と設定2とか設定4も打てていたために、雑誌に出ている期待値よりも勝てたのかもしれません。

あとは、雑誌の期待値は0ゲーム時点を基準にしている可能性が挙げられます。

打っているのは0ゲームやめの台ばかりではなく、ある程度回された後にやめられた台が多いので、その点でも期待値は上乗せされているのかもしれません。

 

これだけ見ると4スルーおいしそうに見えますが、打っている最中はいつもハラハラです。

投資が15000円を超えることはよくあります。

中には、4スルーからテーブルNを打って投資38,000円を超えたこともあります。

テーブルNではなかったけど、44,000円吸い込んだケースもあります。結果単発とか・・・

ATを当てるまでに2時間近くかかるような苦しい展開もありました。

打ち込むほどに、こういうきつい展開も増えてくるでしょう。

この打ち方だと打ち始めの時間と手持ち資金が重要だと思います。

8スルーまで来てお金が足りませんとかになってしまうと笑えません。

 

沖ドキやゴッドシリーズほどの荒さではないかなと思いますが、投資が4万円近くに膨れ上がることもそこそこあります。

ゴッドと違うのは、投資額の予想がつかないことでしょうか。

その点では沖ドキに近いのかなと思います(沖ドキよりはマイルドですが)。

あとは、ゴッド系のように一撃でドカンと出る割合がかなり低いと思います。出玉に関しては、ゴッドよりは安定しているとも言えます。

とはいえ単発もそこそこあるので、4万円くらい吸い込まれた挙げ句、単発を食らっても仕方ないと笑ってすませられない時は手を出さない方がいいかなと思います。

 

そんなわけで非等価では4スルーを狙わない人も多いですが、僕は深く考えずに打っています。

ただし、貯メダルが500枚フルに使える時だけです。

さらに当日の持ち玉があれば迷わず打ちます。

 

ただ、貯メダルがない場合は、4スルーでは手を出しません。

現金投資の場合、ハードルが一気に上がります。

4スルーは現金投資なら打つ価値はほぼなくて、5スルーでもお遊び程度の期待値になってしまと思います。

 

投資500枚になった場合、再プレーと現金投資で1,200円の差がつき、4スルー5スルーの期待値はこれで吹き飛んでしまうからです。

勝ちとか効率にこだわるのなら、貯メダルがない店では絆には手を手を出さず、等価ホールで台を探したほうがよさそうです。

楽しむという目的であれば、十分に打てるラインだと思っています。

前に書いた記事で、勝つためではなく遊ぶためなら、ヘタに設定狙いするなら3スルーから打った方が遊べるという内容の記事を書きました。

バジリスク絆で、負けずに遊ぶ立ち回り

先日の記事で、最近のバジリスク絆の設定配分に関して書いてみました。 「高設定なんか使わなくても、ガンガン稼働するじゃん!じゃあ低設定放置でいこか」 というホールが多いのではないかという内容です。 &n ...

ここにある通り、期待値プラスというだけであれば、3スルーからでも打てるのです。

非等価の場合、期待値はマイナスになりますが、ゲーセンとかで遊んだと思えば納得できる範囲かと思います。

5スルーの収支

次は5スルーです。5スルーなら打つ方はかなり多いと思います。

そのせいか、拾えた台数も少なかったです。

 

打った台数は18台。

プラスが12台、マイナスが6台。勝率だけみるとかなりいいですが、重要なのは勝率ではなく収支です。

平均投資額が8,018円。平均回収額が10,345円。平均収支はプラス2,327円。

消化にかかった時間は、平均41分。時給は3,406円。

 

意外なことに、4スルーよりも単価は低かったです。

ただ、打った台数が少なすぎるのでなんとも言えませんね。一度大きめの出玉が取れればかなりブレてしまう数値なので。

 

投資額は低めに収まっています。これなら、貯メダルが500枚使える条件ならば打てると思います。

6スルー以上の収支

6スルー以上となると、さらに拾える台数は限られてきます。

打てた台数は15台。

6スルーが12台、7スルーが2台、8スルーが1台でした。

 

勝率は実に80%!

6スルー以降は、モードCの割合がかなり高まるので安定しやすそうですね。

自分のことを運がいいと思ったことはありませんでしたが、意外とやれているなと感じました。

 

平均投資額が3,554円。平均回収額が22,559円。平均収支はプラス19,004円。

消化にかかった時間は、平均55分。

 

これに関しては、完全な上ブレです。

以前は完全勝利のチャンス(甲賀10人状態)を長いこと見ていなかったのに、その時期には短期間に3回もチャンスが訪れ、その全てをモノにできたのです。それがすべて6スルーの台を打っていたときに来たのです。

それ以外にも設定狙い中にも完全勝利したり・・・

ちょうど出来過ぎな展開が6スルーを打っているときに来た感じです。

BC間天井狙いの収支

あと、BC間天井狙いの収支もあります。

 

こなした台数が44台。

平均打ち出しゲーム数が304G。

勝率は40.9%。

平均投資額が6,502円。平均回収額が5,288円。平均収支はマイナス1,214円。

トータルではマイナスでしたね。

ただ、この中には僕の立ち回りミス的なものも含まれています。

一つは、通常(低確)状態で、謎当たり同色BCを引いた台を、即ヤメせずに追ってしまい、BC天井500Gまでハメて、設定もわからないまま不安になって逃げたのです。設定が入っているという強い根拠もないのに、ついつい夢を見てしまった自分の責任です。

もう一件は、ミスってわけでもないですが、0スルー天井狙いで打った台が、朧BCで半月が出たために追ったところ、モードCが連続で来るテーブルっぽかったのですが、それにも関わらず連続で深いハマりをくらい、投資が3万円になってしまったのです。

これです、あまりの悔しさに写真とってありました。この400近いハマリ、ぜんぶモードCでしたからね。

そもそもゾーン狙い的な天井狙いなので、大ケガしにくいのですが、それでも大きな負けを食らうとすると、天井でATをスルーしたのに、即ヤメせずに追ってしまったパターンですね。

バジリスク絆のハイエナ考察

こうして見てみると、僕自身はバジリスク絆のハイエナでけっこうやれていますね。

最初の頃は、単発しか来なくて、

サイッチー
どうやったら500枚出るんだ?

みたいな感じで打っていました。

ただ台数をこなしているうちに、ツボにハマるときもあり、トータルでは収支が上がっていたという感じですね。

途中までは、こんなことして意味があるのかと思っていましたから、感慨深いものです。

 

あと、本文中でも書きましたが、これ、ほぼ非等価地域で打ってるんです。

ハイエナといえば等価店でやるのが基本ですが、貯メダルを駆使すれば、非等価店でもやれるという感じですね。

 

ただ、これには大きなハードルがあります。

僕は、自分がよく行くホール全てに会員カードを作ってあり、しかもすべてのカードにそれなりの枚数の貯メダルをしています。

それぞれの店には、3000枚から5000枚ずつなのですが、店舗数が10店舗近くあります。

現金投資を避けるためにやっているのですが、自分の手元を離れたままのお金がかなりの額になってしまいます・・・

僕の地域は、再プレーに上限があるので、むやみにたくさん預ける必要もないのですが、少なすぎても壊滅する恐れがあります。

設定狙いとかで、勝っても負けてもある程度回収が見込める立ち回りなら、2000枚くらいあればいいかもしれませんが、空振りも多い天井・ゾーン狙いのハイエナをするには、3000枚くらいは置いておかないと心もとなかったりします。

 

なので、地域に多数のパチンコ店がある環境と貯メダルの維持など、始めるにあたっての条件があります。

ここまでやってやっとこさお小遣いレベルなので、非等価地域でハイエナメインでやって行くのは不可能なレベルでしょうね。

なんといても、非等価ではハイエナ御用達のハーデスと凱旋が圧倒的に打ちにくいんですね。

等価だと打てる台が打てなかったり、非等価でもおいしい台になると、打ち手ももうやめなかったり。

ハイエナで食ってるようなエナ専と言われる人たちは、こんな面倒なことはせずに、等価の地域まで移動して稼働するか、すでに廃業したか、設定狙いとかパチンコに移行しているのかもしれません。

僕も、ジャグラーを始めとした設定狙いに楽しさを見出しているので、ハイエナは、設定に期待できない時とか、設定狙いで打ちたい台が空かなそうな時、あまり時間がないとき(運よく高設定をツモれてしまっても最後まで打てない時)にやる感じです。

あまりオススメできるやり方ではありませんが、ここまでやれば非等価でも絆のハイエナでお小遣いくらいは勝てるよ、という意味で参考度になればと思います。

-データ分析・攻略, 稼働記事

Copyright© 最低賃金を目指すスロット , 2018 All Rights Reserved.