データ分析・攻略

ハッピージャグラーの順押しでアツくなる打ち方

ハッピージャグラーといえば、みんなのジャグラーと並び「ジャグラーでないジャグラー」という異名を持っています。

GOGOランプがペカるのを待つだけというゲーム性ではどのジャグラーも同じです。

なのになぜ、ハッピージャグラーとみんなのジャグラーだけが「ジャグラーでない」と言われるのでしょうか?

 

それはズバリ、リール配列が異なるからです。

これらの機種は、いつものジャグラーとなんか違うという違和感もあるのですが、それにより一風変わった楽しい打ち方をすることも可能なのです。

みんジャグの中押しはあまりにも有名ですが、ハッピージャグラーにも有効です。

しかし今回はですね、中押しなんかよりも楽しいと僕が思っているハッピージャグラーの打ち方を紹介したいと思います。

異色のリール配列

ご存知の方は多いと思いますが、ジャグラーといえばあのおなじみのリール配列が特徴的ですよね。

  • 左リールは BARの上か下にチェリーが付いている
  • 中リールはボーナス図柄の近くにチェリーがなく、単チェリー目を引き立てる
  • 右リールの7と BARがくっついている場所

ザ・ジャグラー!これぞジャグラーという王道のリール配列であり、ほとんどの機種で同じ配列が採用されています。

アイムジャグラー、ゴーゴージャグラー、ファンキージャグラー、マイジャグラー、あのびっくり演出多彩のスーパーミラクルジャグラーも配列は同じです。

ハッピージャグラーとみんなのジャグラーだけリール配列が異なるのです。

下に、異なるジャグラーのリール配列を並べてみました(クリックすると拡大します)

図柄のデザインはほぼ同じですが、配列はだいぶ違いますね。

特に左リールが違います。

 

みんジャグはこれでもかというほどのピエロ推しです。

ハッピージャグラーは黒いBAR図柄の近くにチェリーがない配列。

そして、黒いBAR図柄がメインのボーナス図柄という暴挙。

初めてハッピージャグラーを打ったとき、GOGOランプが光ったあと必死に7図柄を狙っていました。

7・7・BARと停止しているのになぜか始まらないボーナス・・・ひたすら狙いまくった挙げ句、隣の人に目押しをしてもらいました。

 

この配列の違いによって、ハッピージャグラーとみんジャグは変則押しが楽しいと言われます。

特にみんジャグの中押しは有名です。

ここでは詳細手順を紹介しませんが、グーグルで検索するとたくさん出てきます。

ハッピージャグラーも同様の中押しができます。

成立役を全部奪取するという攻略的な側面では有効ですが、楽しさはみんジャグほどではありません。

ハッピージャグラーの順押しの楽しい打ち方

では僕は中押しをしているのかいうと、僕はみんジャグ以外は順押し派です。

みんジャグだけ中押しをする理由は、手順が簡単な上に中押しをした方が楽しいと思うからです。

 

ハッピージャグラーも含め、その他のジャグラーはすべて順押しです。

と前置きはこのくらいにして、ハッピージャグラーの楽しい打ち方を紹介しましょう。

 

それはズバリ、

左リール下段 or 枠下に7狙い

これだけです!

実際はそこまでシビアではなく、

7を中段から枠下2コマくらいまでの、4コマを狙えます。

blank

これだけでハッピージャグラーがジャグラーではなくなるのです。

 

ハッピージャグラーといえばこれ!と思っています。

 

これのなにが楽しいのか、順番に説明していきます。

左リール中段7の場合

blank

左中段に7が止まった場合、

中リールでブドウがテンパイしてハズれたら、ボーナス確定です。

左リール下段7の場合

blank

この場合も、ブドウがテンパイしてからハズれたら、それだけでボーナス確定です。

ここからはベルが揃う可能性もあります。

僕はわざわざベルを狙いに行くことはありませんが、適当に打っていてもそこそこ揃いますよ。

左リール枠下7の場合

blank

枠下に7が止まったこんな出目、一見やる気なさそうですよね。

でもこれ、実はレアな激アツ目です。

7を枠下付近にきちんと押せていれば、この出目が止まった時点で1リール確定だと思います。

ここからベルが揃ったり、ベル取りこぼしのような目が出てペカらなかったというケースは過去に一度もありませんでした。

左リール枠上チェリーの場合

blank

7を下段から枠下にしっかりと押していれば、この出目を一番よくお目にかかるでしょう。

ここからも、中リールでブドウがテンパイしてハズレれば、ボーナス確定となります。

この停止形からはハズレが圧倒的に多いのですが、ときおり意表を付いて光るのがまたいいんです。

左リール角チェリーの場合

blank

blank

左リールにチェリーが止まったらチェリー重複の期待が持てます。

ハッピージャグラーはチェリーの出現率が低い代わりに、重複する可能性が高いので、これだけで少しアツいですね!

左リール中段チェリー

blank

このジャグラーとは思えない出目・・・

言わずもがな、BIG確定です!

左リールの下段から枠下に7を押せていれば、中断チェリー成立時はしっかりと拝むことができます!

左リール4コマスベりから上段BAR

blank

個人的に一番好きなパターンです。

左リールで7を枠下気味に押していると、たまにずるっとリールがスベって、BARを上段に引き込むことがあります。

この出目、4コマスベりなら1リール確定だと思います。

押すのが少し遅くて、上段にチェリーがある場所で押すと、チェリーを避けるために3コマスベりでこの出目が止まります。その場合はボーナス確定ではありません。

ブドウテンパイハズレはすべてボーナス!

以上、順押しの手順とアツいパターンを紹介しました。

お気づきかもしれませんが、この手順を実行している場合、左・中でブドウテンパイからのハズレはすべてボーナスとなります。

ハサミ打ちの場合はブドウテンパイハズレはボーナス確定ではないので、順押し推奨です。

それと1リール確定の箇所も2箇所あり、それを拝むチャンスもあるのも◎です。

問題点はちょっとだるいこと

しかし、この手順の弱点を挙げるならば、毎ゲーム7を狙うのが面倒なことです。

 

慣れれば、7がすぐに見つけられて、毎ゲーム2周目で7を止められるようになりますが、このやり方は他のジャグラーに比べて多少目が疲れやすいかもしれないのが残念なところです。

 

とはいえ、ハッピージャグラーという機種自体がそもそも面倒だったりします。

BARを基準にチェリー狙いをするのは面倒ですし、中押しするにしてもピエロの上にある7を毎ゲーム狙うとか、ロータリーでぶんまわせる機種ではなかったりします。

なので、割り切って毎ゲーム左リールに7を狙うのがいいかなと僕は思っています。

他のジャグラーにはない小役ハズレ型や、4コマスベりで1リール確定とかジャグラーらしくない脳汁目が出るのが大好きです。

-データ分析・攻略

© 2020 最低賃金を目指すスロット