稼働記事

最近のスロットに対するやる気とか・・・

投稿日:

どうも!

あまりスロットを打っていませんでした・・・

個人的な話になってしまうのですが、前々から低空飛行だった仕事に対するやる気がついにゼロになりました。

中年の危機、ミッドライフクライシスなんていいますが、アレは本当にあるようですね。なぜかはわかりませんが、まるで麻疹にかかったかのように中2病ならぬ中年病をこじらせております。

今やっている仕事に関していえば、長いことやってきたこともあり、他の若い人たちと比べてもそれなりにできる自負はあるのですが、それもやる気があっての話です。スキルや経験がいくらあったとしても、やる気がゼロならばアウトプットもゼロになってしまいます・・・

周囲だけでなく自分さえもごまかす器用さや図太さがあればいいのですが、僕にはそんなものもなく、「このままなるよう(=中年ニート)になっちまえ!」という投げやりモードに入っています。散歩がてらスロットも行くには行っていたのですが、「勝っても負けてもどうでもいいけど、どうせ負けると思いながら打つのも辛いなぁ・・・」なんて感じで前ほどガツガツと攻めたり、勝てそうな台があくまでひたすら耐えたりができず、すぐに帰ってしまうというパターンが続いていました。

今後どうなっていくのか、僕自身がわかっていません。

奢れるものもひさしからず
ただ春の夜の夢のごとし
猛きものも遂には滅びぬ
ひとえに風の前の塵に同じ

とは、かの有名な平家物語の冒頭ですが、僕は奢るほどの権勢もなければ猛きものですらありませんが、生きていること自体が春の夜の夢のような儚いものであり、最後は存在そのものが風に吹き飛ばされて消えゆく塵のようなものという点では、武将も凡夫もさして変わりはないのでしょうね。

おっとっと・・・こんな辛気臭い話はこのくらいにしましょう。

まあ他人様に迷惑をかけなければ自分の好きなようにするのが一番なのかなと思います。

ただこんなオッサンからひと言申し上げるならば、スロットでもなんでも、ある程度高い志というかゴールを持っておいたほうがよさそうですね。その上で現実的な目標を設定してそれを少しずつ高くしていくとか。

そういう意味では、自然と刺激を与えてくれる仲間といわれるものは大事なのかなと思いますね。僕は好き好んで孤独を選択してきたわけですが、こういう人間はかなり注意していないと自分の目標を失ってしまいそうです。

前置きはこのくらいにして、少しスロットの話題をと思います。

最近の状況に思うこと

これを書いているのは2019年1月中旬なわけですが、1月にはビッグタイトル(?)の6号機が2機種登場しました。

蒼天の拳と聖闘士星矢ですね。

導入台数などから見ても、ホール側もこれらの機種に期待を寄せているのではないでしょうか?

実際に6号機にはかなり設定が入っているように感じられます。

HEY!鏡に関しては、正直なところ通常営業日の稼働がイマイチなのですが、それでも特定日には設定を使っているホールが多くあります。これが戦コレとかの期待されていない機種でなければ、稼働が落ちたら切り捨て候補となり設定が入ることに期待もできない訳ですが、鏡に関してはホールもまだテコ入れしてなんとかしたいと思っているのでしょうね。

僕自身は未だにツモれていませんが、朝から座った時はかなりニアミスしていました。かなり高配分で入ると予想して凹み台に座ったのですが、その日は凹みとかでなく、シマの片側を全台高設定にするというサプライズでした。僕が座ったのはシマの左側だったのでツモれませんでした。

ちなみにですが、鏡はデータから高設定が見えやすい機種かなと思います。キレイな右肩上がりのグラフもそうですが、あとはAT直撃も履歴からわかるのが大きいと思います。データカウンターによりますが、JBがRB、AT突入がARTと記録される場合(逆もあります)、普通はRBを経由してからARTに突入するのに、そこをスキップして、たとえば250Gの何もないところからいきなりARTに当選していた台はAT直撃が濃厚です。ただし、30G以内にAT直撃の履歴があった場合、これは引き戻しの線が濃厚なので、直撃とは考えない方が無難です。

あと、設定6だけに意識すれば、押し引きはかなり早いのではないかと思います。

極端なケースですと、朝イチでいきなり3周期を超えた時点で、天井まで回さずにヤメてしまう人もいます。あとは、ドライブゾーンでバスが何度か選択されたらそこで捨ててしまうのもあるでしょう。

旧基準のAT機とか、番長3とかだと、朝イチ座って設定看破をしているだけで30K、40Kと入ってしまうことも意外とありますが、鏡だとかなり浅い傷で見切れるのが大きいと思いますね。

設定推測要素がたくさんあり、確定演出もあり、大ケガもしにくい。そう考えると、鏡はジャグラーなんかよりも気軽に攻められる気がします。まあ、ツモれたとしてもこの機種を終日打ちたいかどうかは別問題ですが・・・

そして6号機の聖闘士星矢ですね。

これも圧倒的に設定6がわかりやすい気がします。細かい解析はまだ出きっていないと思いますが、この機種は設定6の初当たりが異常に軽く、そして設定6だけATの平均獲得枚数が抑えられているようです。

最近、近所のホールの特定日に聖闘士星矢が全台6になっていたのですが、これもデータを見ただけですぐにわかりました。

というのもAT直撃がやたら多く、グラフが小刻みな上下を繰り返し、そして最終的に右肩上がりになっていきます。設定6以外ではもっと荒い波を描きます。とはいっても5.5号機星矢と比べればマイルドに見えますが・・・

最近はもう稼働がなく減台傾向にありますが、戦コレの6号機も、設定6だけ勝率が99%とかいわれていて、かなり安定度です。これも全台6に選ばれたことがあり、その時のデータを見ましたが、コイン持ちも良くてあそこまで安定されると、普通に高設定を狙ってきた人が座ったならば、まあヤメ時は訪れないだろうなと思えるグラフでした。

設定狙いはますますリーマン不利に

設定狙いに関してはもともと、平日の朝から参戦できる人が有利で、夕方以降に打ちに来る人たちには不利な状況でした。

最近は週末の特定日もがんばってくれるホールもありますが、そういう日は来店客の数も平日の3倍とかになってしまうため、それだけでハードモードになってしまいます。

6号機の新機種が登場して、ホールはそれらの機種に力を入れてくれるのはいいことなのですが、ここにリーマンスロッターに不利になる要素があります。上にも書いた通り、6号機の設定6は、機械割はそこまで高くなくても安定感が別格なため、そう簡単にヤメてはくれません。つまり、朝イチの段階で座った人がそのまま打ち切ってしまう可能性が大です。

さらに、ATの純増枚数が増え、有利区間のリミッターがあるため、閉店取りこぼしのリスクがかなり低いため、遅い時間まで打ち切られてしまいます。自分自身が朝イチから6号機の設定6に座れたならばこんなにラクなことはないですが、裏を返せば、後ヅモするにはかなり不利といえます。

そしてホールが6号機に力を入れている時、ジャグラーやその他のAタイプが疎かになってしまいます。以前ならば特定日のジャグラーにも力を入れていたホールが、最近は6号機の全台系ばっかりで、ジャグラーは申し訳程度に設定を入れているというホールもあります。

ジャグラーが好きかどうかはおいておいても、リーマンスロッターにとってはジャグラーというのはありがたい存在だと思います。少ない投資で閉店ギリギリまで打てますし、ガチな打ち手がそこまで必死になっていないため、状況を選べば「中間はありそう」な台を軸に設定狙いをすることができました。

ホールの軸足が6号機に移ったことにより、今まで以上に平日朝から打てる人が有利な状況になったのかなと思います。

ただ先ほども書いたように、データから設定が見えやすい機種もあるので、そういう機種であれば、自分の目で台の挙動と確定演出を見ていなくても、後ヅモを積極的に狙うのもありかなと思います。

再びハイエナ時代か

しかし一ついいことを挙げるならば、6号機はハイエナがしやすいということでしょうか。

聖闘士星矢なんかはかなりハイエナ向きな気がしますね。

特にホールに導入してすぐは、まだまだ天井ゲーム数や狙い目が浸透していないので、こういう情報を事前にチェックしてホールに行くだけで打てる台はかなり増えると思います。

例えば6号機星矢は、意外と浅いゲーム数から期待値がプラスになり、300Gちょいから狙えそうな感じですが、ホールではそんなゲーム数で普通に落ちています。

非等価だと投資額がかさむハイエナは避けたいのですが、6号機はコイン持ちがいいので、非等価店でも貯メダルでなんとかなることが多いのは嬉しいですね。

これからより多くの新機種が出てくると思われるので、そういう狙い目を早い段階から調べておくとチャンスは今以上に多いのかなぁと思います。

ハイエナの狙い目に関しては無料サイト(僕は「期待値見える化」がかなり好きです)で詳しく紹介しているので、知らない機種をホールで見たらスマホ片手に調べるクセをつけて、狙えそうな台はとりあえず一度は打ってみるとするだけでも、狙い目の幅は広がる気がします。なんていっている僕は、機種の選り好みが激しすぎて、一度も打ったことがない機種ばかりです。

特に5号機自体の機種は・・・こんなふうに僕のようになってしまうと、立ち回りの幅が狭まってしまうのでお気をつけください。

今年はどうなるか

以上、グダグダと最近思うことを書いてみました。冒頭でも書いたように、僕自身がスロットも含めいろんなことに対してやる気が出てこなくなってしまい、どうしたものかと思っています・・・

まあスロットは人に強制されてやるものでもないですし、やらなくても困るわけでもないのですが、やはり何事もモチベーションが大事なのかなと思いました。

「たかがスロットごときに」と思われるかもしれませんが、やはり勝とうとするからにはある程度の努力とか忍耐は必要なのかなと思いますし、それを失くしてしまったらわりと簡単に負けてしまうと思います。そりゃ当然ですよね、店は利益を上げるべく万全の準備をしているのですから。客が負けて店が利益を上げる。これが自然の流れなのに、それに逆らおうというのだから、やはりそれなりの労力は要求されるのでしょう。

結果、あまり打たないという選択肢を取っているわけですが、なんだかんだ言って僕は一人寂しく機械を相手に遊んだりするのが好きなので、また気が晴れてマイジャグを打ちたいなと思います。

駄文に最後までお付き合いいただきありがとうございました!

今年も皆様のご健闘をお祈り申し上げます。

-稼働記事

Copyright© 最低賃金を目指すスロット , 2019 All Rights Reserved.