データ分析・攻略

ジャグラーガールズのREG先行台・設定狙いは勝てない?

投稿日:2017年6月7日 更新日:

ホールを見ていると、ジャグラーガールズのREG先行台を見ることが意外とあります。

今回は、そんな台を狙う価値があるのかどうか、僕なりの意見を紹介したいと思います。

REG先行のジャグラーガールズ

REG先行にも色々とありますが、例えば、2000ゲームでBIG4回、REG12回とか、そんな履歴の台です。

ホールでこんな台が空いていたら、「おっ」と思いませんか?

確率で言えば、BIGが1/500、REGが1/167、合算で1/125です。BIGは弱いですが、REGは設定6をぶっちぎっています。合算も設定6を上回っています。

ボーナス回数を見れば、高設定濃厚です。僕はこんな台にすぐに飛びついていました。

しかし、こんな台を打って、後から高設定の履歴になって快勝できたことはただの1度もありませんでした。

ほぼ全てがツラい展開のまま終わっています。ダラダラしたまま終わったり、ハマり何度もきて、気づいてみればREGも設定6以下になっていたり、最後までBIGが引けなかったり・・・

色々パターンはありますが、大体がそんな結果ばかりでした。

僕が座った途端BIGが引けまくって、閉店時にはBIG36、REG32、みたいなハッピーエンドは、ジャグラーガールズに限って言えばただの1度もありませんでした。

ジャグラーガールズの性悪スペック

ジャグラーガールズの面倒なところは、設定1でもREG確率が 1/397と、他のジャグラーよりもよくて、逆に設定6でも1/271しかないことです。

これだと、REGだけを見て判断することは相当難しくなります。

設定1と6しかないホールならそれでも役に立ちますが、現実には、設定1と設定6は最も使われにくい設定だと言われています。

となると、ホールで実際に使われるのは設定2から5の間になります。

そうなるとREG確率は、設定2の1/364と設定5の1/286と、大した差がありません。

どのジャグラーにも言えることですが、これがジャグラーの設定判別を不可能にしている要因です。

しかし、ジャグラーガールズの場合、マイジャグラーやアイムジャグラーと比べても、さらに判断を難しくします。

ジャグラーガールズの扱いは悪い

次に、ホールでの扱いを考えてみましょう。

僕がいくホールでの話ですが、ほとんどのホールでは、ジャグラーガールズの扱いがよくありません。

ジャグラーガールズをジャグラーのメインにしているホールもたま〜にありますが、今ではほとんどマイジャグラーかアイムジャグラーでしょう。

僕がいくホールの機種構成を少しあげると

  • マイジャグ20台、アイム30台、ジャグラーガールズ6台(その他ファンキー、ハッピー、ゴージャグ)
  • マイジャグ40台、アイム40台、ジャグラーガールズ5台(その他ファンキー、ゴージャグ)
  • マイジャグ60台、アイム50台、ジャグラーガールズ10台(その他ファンキー、ゴージャグ)

と、こんな感じです。

ジャグラーガールズ自体設置していないホールもあります。

つまり、ジャグラーガールズはメイン機種ではないのです。

ヘタすると通常営業日にはメイン機種にすら高設定がほとんどないホールだってあります。

そんなホールで、メイン機種ではない機種にわざわざ普段から高設定を使って育てようと思うでしょうか?

ホールも商売ですので、やはりこういう機種は後回しというか、ほとんど設定など入っていないと思います。

設定状況を考える

ここで、仮定の話ですが、あるホールのジャグラーガールズが連日全台設定2だったとしましょう。

等価交換のホールならば、このような営業は十分にありえると思います。

そんな状況のホールに赴いて、たまたま空いていたREG先行台の設定はいくつでしょうか?

ホールには設定2しかないのですから、REGが何回弾けようが、設定2しかありません。

そんな台を高設定濃厚と思って飛びついて打ってもうまくいかないことの方が多いのは当然です。

機械割は100%以下ですから、打てば打つほど収支はマイナスになってしまいます。

もちろん、低設定でREGが極端に先行することは、そう頻繁に起こることではありません。

実際に、毎日全ての台でそんなことが起きているわけではありません。しかし、毎日複数の設定2が稼働すれば、最初の2−3000ゲームでこういう風な履歴になってしまうことはよくあります。

そして、履歴を見て台を選ぶということは、ずらっと並んだ低設定台の中から、わざわざこういう台を選んで打っているだけ、ということになります。

先ほど挙げた、2000GでBB4、RB12の台を設定推測ツールにかけるとこんな感じになります。

これだけ見ると、

「お、設定6もあるかも!」

「設定5はありそう!」

「最悪設定4でも機械割はプラスだし!」

とか言って、打ち始めますよね。

しかし、これは、設定1から設定6までが均等に投入されている過程での推測です。

なんでもない通常営業日に、普段から扱いの悪いジャグラーガールズで、オール設定バトルみたいなことをするでしょうか?

・・・考えづらいですよね。

そこで、設定配分を考慮してみましょう。

  • ホールは5.6枚交換で、設定1はよほどの回収日以外はほぼなさそう
  • ジャグラーガールズの扱いは常時よくない
  • イベント日にも高設定っぽい履歴や差枚のつく台がほとんどないから、高設定はほとんど投入されない
  • おそらく設定2と3だけで適当に遊ばせて抜いているんだろう

そう考えると、設定配分は設定2が50%、設定3が50%となります。

これもあくまで推測の域を出ませんが、過去の状況からこう判断しましょう。そしてそれを元に設定推測をするとこういう結果になります。

設定2の可能性が40%、設定3の可能性が60%・・・ 悲しいかな、これが現実だと思います。

ボッタクリ店や等価交換店では設定1と2だけの配分ってことも十分に考えられます。となると「あって設定2」の台ということになります。

このように、ホールの設定状況を見抜こうと努力することで、このような台を回避することができます。

設定狙いが難しいのは、ボーナス回数とかの履歴だけでなく、その裏にあるホールの状況まで読まないといけないからだと思います。

しかし、このようにホールの営業方針や普段の設定配分などを考えるのが個別の台の設定推測をするよりも大事だと思いますし、これがジャグラーの設定狙いの醍醐味だと思います。

ジャグラーガールズの狙い目

ホールの扱いが悪いジャグラーガールズですが、「ガールズがどうしても好き!」「ガールズしか打ちたくない!」「あの誘蛾灯のような妖しい青い告知ランプじゃなきゃヤダ!」という人はどうすればいいでしょうか。

僕が思いつく範囲でいくつか考えてみました(^_^)

全台系を狙う

たまに、全台系(全台設定6とか全台設定456)とかをやるイベントがあります。

そんなイベント日には、高設定確定演出が出やすいAT/ART機が対象となることが多いのですが、Aタイプにもチャンスはあります。

でも、いくらジャグラーを頑張っているホールでも、40台設置のマイジャグラーを全台設定6にするのは相当な覚悟がいるでしょう。

そういう時、こういう少数台設置の機種でお茶を濁すことがあります。

そんな日はあえて、こういう台を狙ってみるのもありかと思います。

台番号末尾狙い

ホールによっては、特定日などに、台番号が特定の末尾の台に高設定を投入する、というイベントをやることがあります。

例えば、1の日に、末尾1の台(351, 361, 371番台とか)に高確率で高設定を投入するのです。

そういうイベントになれば、機種の人気とかに関係なく設定は入ります。そんなイベントを察知して、対象となる台がジャグラーガールズならば、それを狙う価値はあるでしょう。

ジャグラー推しの日

例えば、5の日や旧イベント日など、各機種に高設定が投入されることが期待できる日は、マイナー機種でも攻める価値はあると思います。

ただ、こういう場合でも、「ジャグラーガールズにも設定は入るが、あっても1台」とか、そういう情報を把握しておきたいものです。

そうすることで、すでにジャグラーガールズで強そうな台がある場合には2台目を狙いに行く価値はないと判断できるからです。

以前、あるホールが、2日間連続で「ジャグラーに1/2で設定6を投入する」というイベント的なものを実施したことがありました。

ジャグラー好きからすれば夢のようなイベントです。

このホールは設定6と言ったら本当に設定6で、中間でごまかすことがないという評価があったので、「設定1 or 6」という前提で攻めることができ、結果、設定6を二日とも打つことができ、楽しい時間でした。

初日は、マイジャグラーやみんなのジャグラーなど、ハイスペックなジャグラーにもバンバン設定6が投入されていました。

しかし、2日目はマイジャグラーもみんなのジャグラーもあまり奮いません。代わりにゴージャグとかアイムとか、あまりスペックが高くないジャグラーに設定6が多く使われていました。その中でジャグラーガールズにも多く設定6が使われていた感じでした。

2分の1で設定6なんて大盤振る舞いなイベントは、僕はこの一度しか体験できませんでしたが、ここまでのイベントでなくても、ジャグラーを全般的に推す時は、少しマイナーな機種にも設定が入るので狙う価値はあると思います。

ジャグラーガールズが主力機種のホール

あまりありませんが、僕が前に行っていたホールに一つだけありました。ジャグラーガールズの設定台数が、異常に多く、マイジャグラーやアイムよりも多いのです。

そして、ジャグラーガールズに一番設定が入る感じで、常連さんも真っ先にジャグラーガールズに走るのです。

薄暗いホールであの青いランプが光り、「ガコッ!」という音が鳴り響きます・・・

こんなホールにあっては、マイジャグラーではなく、ジャグラーガールズを主軸に置くべきでしょう。

しかし、そんなホール、あんまりないんですよねw

まとめ

以上、ジャグラーガールズのREG先行台の怖さの秘密と、ジャグラーガールズを狙うべき状況について僕の考えを書いてみました。

ジャグラーの扱いはホールや地域によって異なると思いますが、基本はやはり

  1. 設定をきちんと使うホールを探す
  2. 設定を使う機種を見抜く
  3. ホールが力を入れている機種を狙う

べきでしょう。

ジャグラーガールズは、ホールが力を入れていないことがあまりにも多いので、そこまで狙う価値はないと思っています。

僕も何度もやってしまいますがREG先行台で2万負けとか、本当に後味悪いですからね。

先日もゴージャグの全6狙いでREG先行台で2万負けやらかしましたからね・・・あれ本当に辛いですよね。

この記事が少しでも参考になれば幸いです (^_^)

 

-データ分析・攻略

Copyright© 最低賃金を目指すスロット , 2018 All Rights Reserved.