データ分析・攻略

ジャグラーで勝つにはホール選びが重要

投稿日:

どうも!

ジャグラーで勝つために必要な立ち回りには、ホール選び、台選び、設定推測、押し引きなどさまざまな要素があります。

しかし僕は、「ホール選び」が最重要な要素だと思っています。極端な話ですが、ライバルがゼロで全台が高設定になるホールを知っていれば、朝からふらっと打ちに行くだけで勝つことができるでしょう。

逆に、低設定ばかりのホールでどんなに店の傾向をつかもうと努力をしても、ガックンチェックをしても、小役を数えても、トータルで勝ち越すことはほぼ不可能でしょう。ある程度の期間にわたってジャグラーでトータルで勝てないという場合、設定状況がよくないホールで低設定を長く打たされてしまうケースがほとんどです。

暴論かもしれませんが、ホール選びさえしっかりできていれば、それ以外の立ち回りの要素はオマケとすらいえます。

今回は、ホール選びさえできればいかに有利に立ち回れて、ジャグラーであっても勝てるということが実感できるデータを紹介します。

やる気のあるホールのデータを公開

今回紹介するのは、僕自身が結構お世話になっているホールのマイジャグラーのデータで、台数は20台あります。

平均設定が設定5はありそうなデータ

総ゲーム数 … 145000G
BB確率 … 1/259
RB確率 … 1/272
合算確率 … 1/132
総枚数 … 26600枚(客側のプラス)
出玉率 … 106.1%

マイジャグラー3と4が半分ずつの20台のお店ですが、シマ全体の合算も1/132、平均出玉率は 106.1%となっています。これは平均設定が5くらいはあったといえる数値です。

これは極端な話、打ち子を19人引き連れてこのホールのマイジャグのシマを占拠したとしても利益が上がるほどです。打ち子の給料を1人1万円として19万円としても、50万円近く回収できるので、この日の設定配分を事前に予測できて人を動員できれば、これだけで1日に30万円の利益となります。悪そうな台を早めに見切ればさらに利益は上がります。

そう考えると、これは相当な大盤振る舞いであると思いますね。

では次は、各台のデータを見ていきましょう。

各台のデータ

台番号 BB確率
RB確率
合算確率
差枚数
出玉率
1 1/265
1/477
1/170
-186
99.1%
2 1/226
1/272
1/123
2836
111.9%
3 1/223
1/357
1/137
2319
110.8%
4 1/420
1/387
1/201
-1967
86.9%
5 1/266
1/201
1/114
3134
111.5%
6 1/281
1/468
1/176
-317
98.5%
7 1/211
1/284
1/121
3338
113.5%
8 1/242
1/208
1/112
3709
113.4% 
9 1/266
1/391
1/159
-31
99.8%
10 1/391
1/470
1/207
-2073
86.6%
11 1/259
1/222
1/119
2723
109.7%
12 1/291
1/291
1/146
58
100.3%
13 1/268
1/247
1/129
2011
106.9%
14 1/286
1/629
1/196
-514
94.5%
15 1/304
1/320
1/156
-714
96.3%
16 1/267
1/219
1/120
2090
109.6%
17 1/263
1/194
1/111
2638
109.8%
18 1/209
1/297
1/122
3547
115.3%
19 1/241
1/213
1/113
3443
112.8%
20 1/280
1/256
1/133
561
103.0%

ちょっとズラズラとデータが並んでしまいましたが、簡単にまとめると、

  • 20台中7台がマイナス
  • 20台中13台はプラスで、そのうち11台は2000枚オーバーのプラス

ということになります。

さらに掘り下げると、カド台の4台中3台はマイナスで終わっているます。つまり、カド台を避けるだけで、16台中13台、実に81%の確率でプラス差枚で終われていたことわかります。

適当に座っても勝てそうなホールを探そう

上のデータをみると、この日にこのホールを選んでマイジャグラーを打っていてら、かなりの確率で勝てたといえるのではないでしょうか?

仮に朝イチで高設定挙動の台に座れなくても、途中で台移動をするチャンスはあったと思うので、相当な高確率で勝てたと思われます。

「適当に座っても50%以上の確率でプラス2000枚以上出ていた」
「履歴が良さそうな台をカニ歩いているだけで勝てる」

こんな状況こそがジャグラーで一番勝ちやすい状態なのです。

ちなみに、このホールのジャグラーがこんな状況になるのは、たいてい決まった曜日で、なおかつ月の上旬から中旬くらいまでがほとんどです。

最近こそ専業みたいな打ち手が朝から来るようになりましたが、以前は非常にまったりとした雰囲気でした。朝イチからマイジャグを打つのは数人程度で、カチカチ君使用率はほぼ0%。お昼くらいまでなら空き台もけっこうあります。

REG先行台よりもBIG先行台を好む客、満足ヤメ、どんなに出ても下ザラ飲まれたらヤメ、夕方5時ヤメなどなど、いわゆる「ヌルい」状況がしばらく続いていたのです。

さすがに徐々に人が増えてきて、昼からのんびりみたいなゆるい立ち回りでは勝てなくなりました。それでも、朝一にとりあえず座るだけでも高設定に座れるチャンスが50%近くあるなら、とりあえずやってみる価値はあると思えるレベルです。

ホール選びで選ぶべきホールとは、こんなホールだと僕は思っています。

「こんなホール近くにないよ!」

と思われるかもしれません。僕もそう思っていました。しかし、灯台下暗しと言いますか、意外にも近場にありました。発見したのは、曜日別のデータに着目してからでした。一度そういう視点で見るとバレバレなのですが、なんとなく見ていると意外と気づかないのかもしれません。

あとはなんとなく気づいていても、「どうせあのホールはダメ」とか先入観で決めつけてしまっていることもあります。そういう時はデータというものは非常に役立ちますが、データ収集には手間がかかりますよね。

僕の住んでいる地域にはホールがそこそこ密集していて、スロット生活者みたいな人がたくさんいます。そんな地域であっても、こんな穴場的な状況が長いこと手付かずでした。なので、ある日見てダメだったホールでも、曜日、特定日など、日を変えてみることで何か発見があるかもしれません。

こんなホールが見つかると、収支は伸びやすくなりますし、結果が出るジャグラーというのは本当に楽しいものです。

そして一度いいホールを自力で見つけられたら、次からはそのホールを基準として、妥協せずにいいホールを探し求めることで、さらなる収支アップが望めるかもしれません。

-データ分析・攻略

Copyright© 最低賃金を目指すスロット , 2019 All Rights Reserved.