データ分析・攻略

ジャグラーで勝ちたければ切り捨てるべきホール

投稿日:2018年9月20日 更新日:

最近の自分のジャグラーライフを振り返ってみたところ、あることに気づいてしまいました。それは何かというと

ジャグラーで全然勝てないホールがある

ということです。

僕は普段、主に7店舗のホールでジャグラーを打っているのですが、その中の3店舗は全然勝てていませんでした。
そのうちの2店舗はあまりに勝てないので、

このホールではよほどのことがない限りジャグラーに手を触れるべからず

というお触れを自分自身に対して出しています。

最近さらに一店舗、自分の中でジャグラー禁止令を出したホールがあります。

理由は単純で、僕が勝てていないからです。自分が何かを改善すれば勝てるようになるのかもしれませんが、他のホールではそこそこ勝てているのに、このホールだけある程度の期間に渡って結果が出ていない時点でお察しなのかなと思っています。

このホールを切り捨ててから収支が改善しました。ちょうどタイミングよく他のホールがいい状況だったというのもありますが、もしも勝てないホールに固執していたら、この他ホールでの「オイシイ状況」にも気づけなかったかもしれないと思うと、勝てないホールを切り捨てたメリットは大きいと思いました。

というわけで今回は「ジャグラーで勝ちたければこんなホールは切り捨てるべき」と僕が思うホールの特徴について書いてみたいと思います。

稼働が低い

まずはベタなところですが、稼働が低いホールというのは本当に注意が必要です。

今の時代、連日賑わうようなホールはかなり稀だと思います。とはいえ、夕方や週末にはそこそこの稼働があってしかるべきです。
平日は昼間も夜も通路状態。週末とか特定日になってようやく客がチラホラ、みたいなホールはかなり危険です。

僕がジャグラー禁止令を出した3店舗は、ジャグラーの設置台数に対して稼働がかなり低いのが特徴です。

一つの店は単純にガラガラ。30台はあろうジャグラーのボックスのうち、1台とか2台しか稼働していないのが基本です。

別の二店舗に関しては、台数をかなり抱えているのに対して稼働が低すぎるのです。具体的にはジャグラーだけで80台くらいはある中、少ないときは10台くらいしか稼働しておらず、壮大な通路となっています。

こんなホールでも設定が入っているのかもしれません。しかし、こんなホールで高設定に期待してあちこち掘るのは自殺行為です。

ガックンチェックとかが効く店で朝から行けるならまだしも、夕方からこんなホールで大事な時間とお金を費やす義理などどこにもありません。

もちろん、こういうホールにもチャンスというものが存在します。

それは心機一転して立て直しを図るタイミングです。しかし、ホールも一度客を飛ばしたらちょっとやそっと設定を入れたくらいでは簡単に帰ってこないことはわかっていると思います。そしてそういうときはリニューアルとかを絡めてくることが多いので、そういうタイミングまでは関わらないのが無難だと思います。

謎のバケ死台が多発

これは僕がいつも感じていることなのですが、全然勝てないホールに限って、バケ先行台が目立つのです。

例えば、2200GでBIG3、REG11みたいな感じとか、3000GでBIG5、REG14みたいな・・・

別にこういう台が裏基盤とかいうつもりはありませんし、このくらいの台ならばどこのホールでも見られます。

真面目な話、このような履歴になりやすいのって、裏基盤ではなく単なる低設定であることが多いのではないかと思っています。

低設定ならばこんなにREGが当たらないと思うかもしれませんが、マイジャグラーの設定2ならばREG確率は1/360で、

  • 2000G時点でREGが1/250を切る確率は18.94%
  • 3000G時点でREGが1/250を切る確率は12.97%

となっています。ジャグラーの設置台数と、REG先行台を高設定と思って打つ客が多いことを考えれば十分すぎるほどの確率です。

なんでこんなことが起きるのかというと、裏を返せば2000GでREGが2回しか引けなかったりする超引けない区間というのも存在するからです。そういうのを全部足して平均すれば、1/360に収まってくると思います。

そして問題なのは、こういう台を高設定と期待して打ち、そして全然結果がついてこないことです。

1回2回で断定するわけにはいきませんが、何回もやってだいたい苦しい展開になったならば、その台が低設定だったと思うのが自然でしょう。

こういう台でよくあるのは、打ち出すといきないハマるか、とりあえず当たるけどそのうちハマリを食らい、さらにREGが引けなくなり、気がつけばREG確率が1/330とかまで落ちてきて不安になって捨てるというパターンです。そしてペロっと17K吸い込まれてましたみたいな・・・

バケ先行台を打っても全然勝てないホールは、そもそも低設定しかおいてなかったと考えるといいと思います。

こういう台が実際に高設定のBIG不発という可能性もあります。ですが、それを期待するのは実際に勝てているホールでだけにしましょう。

合算1/120とかの台を打っても勝てない

次にあるのは、こういうホールでたまに1/120とかのよさげな台を見つけて打っても勝てないということです。

打ち始め時点では1/100とかで高設定濃厚と思って打ち始めたのに、自分が打ち始めたら全然当たらず、気がついたら合算1/130、25Kマイナスみたいな台です。

これもどこのホールでも起きることです。

仮に本物の高設定だったとしても、夜の2〜3時間程度打っただけでは負けることも普通にあります。しかし本物の高設定ならば、夜の2〜3時間で2000枚くらい吐き出すことも普通にあります。このような台を何回拾っても負けてばかりとなれば、それはもう前任者がマグレ勝ちしただけで、実際には低設定だったと考えるべきです。

専業が勝てていない

僕が切り捨てたホールの中に、ジャグ専がたまに打っているホールがあります。

最初は「専業が打っているのだから設定に期待できるホールなのだろう」と思っていました。

しかしその専業の動きをよく観察していると、彼がしっかり閉店まで打ちきれるのは1/5以下なのです。
つまり5回のうち4回は、しばらく打ってから「ダメだこりゃ」となって撤収しているのです。

この専業者、別のホールのジャグラーコーナーでは神がかっていてかなり勝っているはずなのですが、そのホールで抽選負けしたりすると、このホールへ流れてきて打っているようです。

「なぜ彼は全然勝てないこのホールで打つのか?」

僕は考えに考えたのですが答えは見つかりませんでした。ただ、彼の服装などから察するに、彼はおそらく実家暮らしなのです。もしかすると、早い時間に家に帰っても居心地が悪かったり、実家暮らしだからあまりお金にシビアにならなくともやっていけるとか、そういう勝つためとは別の個人的な理由があるのかもしれないと思っています。

中には専業が全然いないホールというのもありますが、僕はそれはあまりマイナス要素だと思っていません。専業者がいないということは、「高設定が入っていない」「設定投入の傾向(いつ入るか、どこに入るか)が読めない」という可能性があります。そういうホールでは、朝イチから攻めるのではなく、午後から状況を見て立ち回ることで勝てる可能性があります。専業者は朝から並ぶのが基本なので、こういうホールは好まないようです。

というわけで、専業がいないというだけでそのホールが勝てないとは思いません。しかし、専業が必死に立ち回っても勝てないホールというのはかなりヤバイです。こんなホールは、低設定がメインであって中間、ガックンでガセを掴ませたりとタチが悪いホールである可能性があります。

富士山・Vモンキー台

次に思い当たるのは、富士山とかVモンキーとか荒い出玉の波の台が多いことです。

高設定濃厚な挙動をしていた台が突如急変し、ハマリ連発の末に2000枚を飲み込んだり。
逆に「この台出てるな」と思ったら一時期マイナス2000枚まで吸い込んでいたり。

別に高設定でもこのようになることはあるでしょう。しかし僕が思うに、このような動きをするのは高設定よりも中間設定の可能性が高いと思います。高設定ほど確率分母が小さいため、より少ないゲーム数で安定に向かいます。機械割が100%を超える台が安定に向かうということは差枚プラス方向に向かうということです。

にも関わらず「イケる!」と思った台が急変して富士山グラフを描いたり、「もうダメ・・・」と思って捨てた台がVモンキーで復活したり、とにかくわけのわからない動きをする台は、僕は中間設定、ヘタすると低設定もあると思っています。

中間設定でもしっかりと打てればプラスになりますが、このような荒波で打ち手を翻弄したり、カマを掘った掘られたで立ち回りが乱れやすいホールは、トータルでは結果が出にくいように思います。

まとめ

以上、僕がマイジャグラーで立ち回っていて、勝ちづらいなと思ったホールの特徴を紹介しました。

みなさんが普段行くホールの中にはこのようなホールもあるのではないでしょうか?

共通しているのは低設定台が圧倒的に多く、「ツモった!」と思っても実は中間設定(3とか)だったんじゃないか?と疑心暗鬼になるホールでした。

切り捨てたホールの中には勝てないのに未練がましくいつまでも打っていた「マイホ」的なホールもあったわけですが、そこを切り捨てることができて良かったと思っています。

ホール状況ってわりと頻繁に変わるので、一時期勝てていたホールが勝てなくなることもあります。逆にある時期はダメダメだと思っていたホールが意外と勝ちやすくなったりもします。

マイホだからとか、前は勝てていたとか、そういうこだわりを捨てることによって、時間とお金を無駄にすることにストップをかけられますし、それによって状況がいいホールを見つけられるようになるので、かなりプラスになると思っています。

そして何より、どうせ打つならば打てども打てども勝てないジャグラーよりも、ペカペカ光ってちゃんと箱にコインを詰められるジャグラーの方が楽しいですしね。

収支をつけている方は、ホールごとの収支を見返してみてはいかがでしょうか?

まだ収支をつけていない方は、この機会に収支を付け始めてみてはいかがでしょうか?いつも申し上げていることですが、収支をつけることで見えてくることはかなり大きいと思います。

-データ分析・攻略

Copyright© 最低賃金を目指すスロット , 2018 All Rights Reserved.