稼働記事

中間稼働録サイッチー【7】ジャグラーはツンデレの連続

どうも!

前回は、何をやってもダメで38K負けてしまったお話でしたが、今回はその翌日の話となります。

この日は、今日が特定日のH店に夕方から行きました。実はこのH店、前日(通常営業日)に朝イチからマイジャグを打って15K負けた店です。通り道には他のホールもあるのですが、この日は一直線にH店へ向かいました。

ホールに着いて全体的に店内を見ると状況は悪くなさそうです。リゼロに設定6濃厚な台があり、番長3やまどマギ2も出玉的に盛り上がっている感じでした。ジャグラーのシマも全体的に悪くなさそうです。

そんな中、店内を回っていると気になる台が空きました。

リベンジのチャンス

その台とは、前日「そろそろここに入るかも」と淡い期待を持って打ったものの15K負けて逃げた台です。

この台の今日のこれまでの数値は2787GでB9(1/300)、R11(1/253)と、回転数こそ少ないものの見た目も悪くありませんし、「今日こそ入るか?」という期待感もあるので、この数値なら喜んで打てます。

この台はオスイチ先ペカでREGが当たり、追加2KでBIGが当たり持ち玉ができました。打ちながらデータサイトでこの台の朝からの履歴を一つ一つ辿ると、序盤はかなりグダグダしていて、1700G時点ではB4R4で昼過ぎから長時間放置されていました。

しばらく経ってから誰かが回して、2000G時点ではBIG5REG10と一気にREG確率が改善したものの、一気に爆発するでもなく、出玉も覚束ないということで逃げたのでしょう。そんな感じで空いた台に座りました。

ジャグラーのブレ幅

ジャグラーを打っていると、BIGが引けない区間ってかなりストレスが溜まるので記憶に残っていることが多いですが、僕がいつも「ジャグラーってわからないな」と思うのは、状況的にも最終的な数値的にも高設定濃厚な台なのに、「BIGもREGすらも引けない低設定みたいな区間」が度々訪れていることです。そんな区間が朝イチでいきなり訪れると、もうわかったもんじゃありません。

前回の稼働録で打ったマイジャグもそうです。自分の打った区間は2181GでB5R5の合算1/218だったのに、僕以外の区間だけを切り取ると6333GでB25R31の合算1/113でしたし、この台も今でこそ「そこそこな数値」になっていますが、最初の1700GでB4R4とくれば、なかなか追えません。

まあ「ジャグラーは2000Gくらいじゃわらかないよね」というのは簡単なことですが、2000Gって実際に打つと3時間近い時間です。

朝イチ台に座って、周囲の台はサクサク当たるのに、自分の台は早い当たりが来なくて投資も15Kオーバー。頭上を見れば合算1/200と表示されたデータカウンター、設定推測ツールを見れば低設定濃厚な推測結果が。「ブドウがいい」くらいでは埋められない不安感。「今ならまだ別の台に移動できる」という誘惑。3時間の間にはいろんな考えが頭の中を回り続けます。

こんな時は、低設定ほど低設定の数値になりやすいという単純な事実に従って、リスク回避で手を引くのも一つの戦略でしょう。僕はそういう考えをとることが多いです。

しかし、本当に設定が入っている状況だと、序盤はこんな数値だったのに化ける台が出てくるものです。逆に最初の2000Gで合算1/100くらいの台が終わってみたら合算1/160とかに沈んでいくのも多くの方が経験していると思います。

そういう豹変ぶりを目撃したり、自分自身でも打ったりという経験をすればするほど、「ジャグラーはわかったもんじゃない」と思います。

個人的には、こういうのはもう「時の運」や「巡り合わせ」みたいなものでどうすることもできないもので、「今日はこの台とは縁がなかった」と割り切るようにしています。本当の設定がわからない以上、低設定の可能性が圧倒的に高いですしね。

スマホで確率のブレ幅を疑似体験

僕には変わった趣味があり、それは高設定濃厚な数値になったジャグラーが朝からどういう軌跡を辿ったかをデータサイトの履歴で見て

  • 「最初のボーナスが開店から数分後か。ってことは朝イチに一直線で座ってるんだな」
  • 「あれ、最初のボーナスが開店30分後で、昼前にだいぶ時間が空いてる。ってことはアイツは後ヅモなのか」
  • 「この500Gハマリを30分ちょいで切り抜けてるってことは席も立たずに迷いなくフルウェイトで打ってるな。不安はなかったのか?」
  • 「うわ、この台最初の2000GでREG3回だけだったのか?よく捨てなかったな。なぜ続けられたのだろうか」

という感じで、展開をトレースするのです。

逆に富士山チックに沈んだ台の履歴も「この時点は相当鼻息も荒かったろうに、そのあとは計ったようにクソハマリの連発か。これだから波理論とかのオカルトも一概にはバカにできないよな」という感じで眺めることもあります。

夕方以降に合算1/110とかで箱を積んでいる打ち手の姿だけを見ればジャグラーなんてカンタンそうに見えますが、実際にはすんなりと出てくれることはそう多くなく、早い時間帯でのいろんな葛藤を乗り越えて安全圏に辿りついたのだと思うと、すべてのツモにはドラマがあり、朝のゼロの状態からスタートして、そういう安全圏にたどり着くまでの道のりと、安心するのも束の間、閉店まで気を抜けないあの感覚こそがジャグラーの楽しさの一つですよね。まあ今回の僕は夕方からなんですが・・・

打ったら快勝

前置きが長くなりましたが、あれこれ思いを馳せて打ったこの台を結果的には閉店まで打ち切れました。

個人の区間では4072G、B22(1/185)、R16(1/254)、合算1/107で54Kの快勝となりました。台の最終的な合算は1/118、これだけで高設定確信するのは気が早いですが、特定日であったことや周囲の台との兼ね合い、前日からの伏線などを考慮して当たり台を打てていたと思いたいです。

ジャグラーに関しては連チャンしまくったとか、「あそこで気合のレバーオンと渾身のネジリで90%ペカループを仕留めたのが勝負の分岐点だった」とかもないですし、ジャンバリが何回流れたとか書いてもつまらないので、打ち出すまでの胸中を綴る話ばかりになってしまうんですよね・・・ちなみにジャンバリですが、僕は軍艦マーチ、略して「軍マ」と呼んでます。

用法としては

サイッチー
今日はまだ軍マどころか一桁連童貞なんだが?どうなってるんだ店長?(チラっと頭上のカメラを睨みつける)

みたいな感じですね。昔のパチンコ屋は軍艦マーチとF1の曲が定番で、あれを聞くとパチンコ屋にいるんだって実感がありましたが、今では全く聞かないですね。タバコの煙もなくなったし、時代の変化ですね。

バカ話のついでですが、マイジャグのゾロ目BIGで流れる「クシコスポスト」ですが、僕はこの曲を「玉ちゃんファイト」と呼んでいて、心の中で「位置について、よーい」とかほざいてます(おそらくオッサン世代の方はにわかっていただけるハズ)。個人的には「くるみ割り人形」が流れると嬉しいですね。

ジャグラーは長期的にみるもの

今日の僕をハタから見れば

「あのオッサン、夕方から来て合算がちょっといいだけの台に座って大勝ちかよ。ヒキ強ジジイめ」

と思った人もいたでしょう。

ホールで打っていると、「アイツまたBIG寄りで二箱かよ」みたいな方もいますよね。

しかし確率には上ブレと下ブレ(ムラという言い方も)があり、平均の上と下をひたすら行き来していつしか平均値に近いところに収まっているものです(収束)。

今日ヒキがよかった人も、その分の割をどこかで必ず食らっているものです。朝から来てストレートで3万負けた日もあるはずで、そんな日はその人はもう家に帰った後なので、その人が下ブレして苦しんでいる姿を見ていないだけかもしれません。

僕の場合、前日は6281G回してB18(1/349)R21(1/299)という煮えきらない展開で、38K負けています(ジャグラーでは-26K)。

昨日と今日のマイジャグの数値と合算すると、10353GのB40(1/258)、R37(1/279)という数値になっています。これを自分に都合よく見れば、二日間を平均すれば設定4〜5は打てていたともいえます。本来はたった二日分でなくもっと長期的なデータで見るべきですが、今回はたまたまキツイ展開の次の日に嬉しい展開が訪れたので合算してみました。

なので皆様も、「ジャグラーとか理不尽すぎるだろ」と思った時は、いい時と悪い時のブレ幅に思いを馳せるとメンタルの維持になるかと思います。本気で勝ちに行くのであれば、個人データの記録はかなり効果的だと思います。エクセルやGoogleドキュメントとかにまとめるのもいいですし、僕はエクセルと「pShare」というアプリの「遊技履歴」という機能を利用しています。これは本来は小役カウント向けの機能で、あまり使い勝手はよくないのですが、蓄積したデータを期間別や店舗別で分析できるのが気に入っています。

ジャグラーでよさげな台を打っても結果が出ない人は、打ち出し前の合算が高設定の数値でも、自分が打っている区間の数値が低設定だったというケースがほとんどだと思います。それはオカルトや不正改造とかではなく、ホールに何十台もある台の中から、たまたま上ブレした台を選び出して座ったものの、実際には低設定だった、という厳しい現実なのかもしれません。

設定に期待できない状況で履歴打ちをするよりも、旧イベ日とか5のつく日とか、そのホールがジャグラーに設定を使う状況を探しだして、そこで「まだわからない」くらいの台を打った方が結果が出やすいと思います。もちろん、そういう状況で強い履歴の台が空くまで待つのも一手ですが、それはなかなか空かないですしね 😊 でも、自信がないときや、極度のスランプに陥って「ホントに今の立ち回りで大丈夫なのか」と疑心暗鬼な時などは、果敢に掘らずに、そういう中間設定以上が超濃厚な台を遅い時間まで待ってから狙うのもアリだと思っています。

-稼働記事

© 2020 最低賃金を目指すスロット