稼働記事

中間稼働録サイッチー【12】ついにバジリスク絆2でデビュー

どうも!

先日のことですが、ついにバジリスク絆2の設定6を朝からツモれたので、その時のお話をと思います。

それ以前にも挙動と状況的に「さすがに設定6だろ!」と思われる台を夕方から打てたことはあったのですが、高設定確定演出が出なかったので断定はできませんでした。しかし今回はしっかりと6確定も出して終日打ち切ることができました。

まあ僕には「ツモって勝ちました」という話よりも「また負けちゃった (T_T)」という話の方が似合ってると思うのですが、絆2に関しては当初から「一度くらいはツモりたい!」と書いてきたので、今回だけドヤ報告をさせていただこうと思います。

増台がアツい?

実戦したのは、絆2を増台したホールの入替初日でした。

今の時期(2020年秋)は凱旋の撤去を控えて、番長3やら絆2を増台するホールが増えていますね。個人的には絆2は好きですが、客観的にみて絆2が凱旋の代役を果たせるとは思えません。でもホールとしても何もしないわけにもいかないのでしょう。

この日は平日だったのですが、この週は個人的な用事のついでに一週間仕事を休んだので朝から抽選に参加しました。

リーマン風情の戯言ですが、平日の朝にパチンコ屋に並ぶのってやはりイイですね。もしも巨万の富を手に入れたなら、僕は全身にタトゥーを入れて、ドイツの湖のほとりに別荘を買って20人の美女を囲ってハーレム、はせずに毎朝パチンコ屋に並んで「スロプごっこ」をするでしょう。

朝の抽選

抽選参加人数は70人ほどで

サイッチー
やっぱり平日は人が少ないな

なんて思っていたらまさかの「66番」という後番に。縁起がいい番号ではありますが、絆2の台数は20台くらいだったので、そもそも絆2に座れるかどうかすら怪しくなりました。

サイッチー
新台入替の日とはいえ、この人数しかいない状況でジャグラーとかの他の機種を掘るのも怖いし・・・絆に座れなかったら早くも帰宅コースか

と思いましたが、このお店は年配の常連客も多く、おそらく海物語に走るであろう風貌の年配層のグループの方も一定数いたので、この番号でも入場はすることに決めました。

いざ入場して絆2のコーナーへ向かうと、店員さんが絆2のコーナーの前に立って「バジリスク絆2はこちらでーす」と案内をしています。このホールはこういう示唆をすることもあるので、プラス要素といえばプラス要素です。

そして空き台もまだチラホラあります。配置も変更されていて前日までの履歴もないので、とりあえず最初に目についた空き台に座りました。位置的にはシマの真ん中あたりといったところで、このお店は目立ちやすい場所や、シマの中ほどに固まっている感じなことが多いので、悪くない場所です。

念のためですが、有利区間ランプが消灯していることもチェックします。大手ホールではまずないですが、ごくまれに駆け引きのつもりなのか知りませんが、朝イチ1ゲーム回して有利区間ランプを点灯させてしまうホールもあるので、一応チェックします。

そんなセンスのないホールには、

サイッチー
そのくだらない据えリセの駆け引きは純粋に面白くないし、絆2に関してはユニメモを開始したあとに非有利区間→有利区間に移行させないと滞在テーブルが見れないという特大級のデメリットがあるので、それだけで稼働ダウンの原因になりますぜ

と声を大にして言いたいですね。

開始15分で4以上確定の理想的な展開

そしてユニメモをセットしていざ打ち出すと、まずは「高確35G」を確認。これは偶数設定かつ高設定ほど選択されやすい動きです。といっても気休め以下ですが。

そのまましばらく打っていると超高確に上がって、赤墨好機+リプレイから謎異色BC。

初代の絆は超高確中は設定差がなかったので勘違いをしている方もいますが、絆2は超高確中のBC当選に大きな設定差が付いていて、高設定ほどレア役、謎当たり含めて超高確中に素直に当たりやすくなっているので、これはちょっと嬉しいし助かります。

そしてこのBC中に設定4以上の確定撃破が出ました。

あまりにあっけなく出た上に隣は専業だったので、感動を噛みしめることもなくすっ飛ばしましたが。まあ確定系の撃破人数が出る時はボタン演出が発生したり、「キューン」って感じの強めの音が出るので、出た瞬間を見逃しても音に反応した直後に下の赤で囲んだ場所の撃破人数を見れば間に合うんですけどね。

blank

確定撃破の瞬間を見逃しても、撃破人数が増加するまでは赤で囲んだ部分で確認可能

前の記事で「絆2は意外と確定が出ない?」なんて思っていたのですが、この日はあっさりでした。

サイッチー
出るときはあっさりと出るんだな
サイッチー
もしかして、今まで設定4はあると思って打っていた台は全部設定2だったのか?

と、過去に自分の押し引きに対して不安にもなります。

この時点では設定4か5か6かはわかりませんが、とりあえずこの台の期待値プラスが確定したので打ち切りは確定、なにより負けても納得できる理由ができました。

高設定確定が出ると、僕の場合「よっしゃー!出すぞー!」というよりも、「これで納得して負けられる」となぜかネガティブな方向に考えてしまいます。これも性格なのでしょうね。

7回目のAT当選時に6確定

4以上確定は出ていたのでただ回していると、お昼過ぎに7回目のAT当選時のBC中についに666人撃破が出ました。

blank

画像はネットで拾ってきました

挙動的に設定6もあり得るとは思っていましたが、これで絆2で念願の設定6確定を拝めました。

神々しい確定画面ですが、無意識的に「よし!さっさと隠せ!」と思い、ドヤ撮影することもなく自分の脳内に焼き付けて0.2秒ですっ飛ばしてしまいました 😭

いいんです、僕はフリーズを引いたらドヤ撮影+ドヤ離席して、トイレ→飲み物購入→手指消毒で祝言中のレア役のヒキを充填する流れにしようと心に決めていますから😤

設定狙いではジャグラーばかり打っているので確定系を見る機会は滅多にないのですが、やはり安心感が絶大ですし、なにより台に褒めてもらえた気分になれますね。

さらには8回目のAT当選時には456人撃破が、あとは11回目のAT当選時に246人撃破も確認できました。

この日は27回の初当たりをとれたのですが、4以上確定が出たのは計3回で、確率でいうと約11%ですね。BC中のレア役からAT当選した場合は確定系は出ないので、それを考慮するともう少し高い確率ですね。

設定6の場合、とにかくAT初当たりが多いし、BC当選時にAT当選していることが多いので確定演出を目撃する確率も高いのでしょう。この日は台の挙動が別格だったので、仮に確定が出ていなくても、チキン系スロッターの僕でも捨てることはなかったと思いますが、やはり早い段階で確定と強い挙動が出てくれたのはラッキーでした。

確定が出やすいゲーム数がある?

確定演出の単純な出現率は3/27(11.1%)でしたが、出現したのは

  • 1回目
  • 7回目
  • 8回目

で、それ以降は27回目まで一度も高設定確定演出が出ませんでした。早い段階で3回出たとはいえ、午後からは閉店まで20回の有利区間で確定演出が一度も出なかったので、「確定が出まくる」というレベルではないのでしょうね。

それと、確定が出たタイミングが序盤に偏っていたのが少し気になります。

思えば、絆2を初打ちした時に僕の左から56確定、右から456確定が出たのですが、左の台は朝イチ1回目、右の台はたしか2回目の有利区間だったと思います。

またこの日は、僕の隣の台からも456確定が出たのですが、それも4回目の有利区間に出て、その後は一度も出ていませんでした。

それ以外にも確定系を目撃したのってだいたい序盤だった気がします。まあ中盤、終盤の時間帯はツモれていなければハイエナ狙いで通りかかるくらいだし、自分がツモっていたら周囲のチェックも疎かになるので、ただ見れていないだけという可能性もありますが。

なのでこれは仮説に過ぎませんが、絆2の確定もサミーのトロフィーみたいに出やすい回転数と出にくい回転数とかあるのかもしれません。サミートロフィーは回転数によって出やすい区間と出にくい区間があり、例えば北斗天昇の場合、序盤には2以上確定が出やすく、あとは中盤以降に回転数を増やせば増やすほど実際の設定に近いトロフィーが出やすいという特徴がありました。

絆2に関しては、それが総ゲーム数なのか、通常時のゲーム数なのか、もしくは有利区間の回数なのかは分かりませんが、序盤ほど出やすいという可能性はあるかもしれません。

まあ、たった一回ツモっただけの人間の推測に過ぎませんが・・・

実戦データ(ユニメモ )

というわけでこの日は終日打ち切り、投資150枚からの5200枚の獲得となったわけですが、ここからはユニメモのデータを。

まずは基本データから。

blank

 

やはりというか、弱チェリーがかなりいいですね。序盤の1500Gくらいの時では1/47くらいだったのですが、最終的には設定6以上の数値に収まっていました。この日は弱チェリー以外のレア役はどれも確率以下(といってもわずかですが)でしたが、それでもしっかり勝てるのはさすがですね。

続いてはBCの色や同色比率を。

blank

赤青比率は50:26(66%:34%)と赤寄りですね。あと同色比率は15.8%と高めですね。この日は800G天井には一度も行っていないので、同色BCはすべて自力当選です。通常時の謎同色BCは一度でした。あとAT中のハイモード中に同色BCを取れたのも4回ほどあったので、それがなければもっと少なかったかもしれません。

あと、AT初当たりは27回。個人的にはこれがびっくりでした。通常が5653GでAT27回、初当たり確率は1/209と公表値の1/235よりもいい数値でしたが、一時間あたりに直すと1時間に2回以上のペースでATに入ってるんですよね。低設定だと1時間に1度ちょいのペースなので、やはり別格ですね。

 

続いて絆高確です。

blank

 

これはよくいわれていることですが、いわれてみれば初戦の2個点灯が多かったです。

理由は、

  • 設定6は通常時のモードアップしやすく、モードDでの当選になりやすく、そしてモードDは恩恵で初回で必ず絆高確が点灯する。
  • さらに高設定は初戦に絆高確が点灯する絆高確テーブルが選択されやすい

この複合で2個点灯しやすいそうです。ちなみに、ここで自力の絆玉も絡めば3個点灯となります(この日は二度ありました)。

ハイエナをしていても最深部までハマってからの2個点灯は割とありますが、この日は、モードBスタートでモードDまで上げる時間もなかったであろう浅いゲーム数で当たってからの初回2個点灯が多かったです。いくら設定6とはいえそんな簡単にモードBからモードDに上がる理屈がいまだに腑に落ちないのですが、それはまたの機会に。

この日は2個点灯を全然活かせずその点がストレスになっていましたが、「長く打っていればいつかはヒキ弱な展開も踏むのだから、高設定を打っている時に食らった方がマシかな」と気持ちを切り替えていました。なんていいながら5000枚出たので文句をいったら喉を切られそうですが・・・

 

そして最後はテーブル比率です。

blank

ちなみにユニメモのミッション達成率が85%を超えるとモードが全部丸見えになり、テーブルを完全に把握できます。重要なのは、BBBで始まるテーブル6とBACで始まるテーブル7で、設定6だけテーブル6・7の選択率が30%近くと倍近く突出していて、逆にテーブル1(BBABABD、BBAスタートなので通称ババア)とテーブル2(BABABAD、通称B-バッド)の選択率が10%以下で、低設定の半分以下になっています。

※通称は僕が勝手に命名したものです。

ちなみにテーブル選択率だけで推測ツールにかけるとこんなことになります。

blank

終日分のサンプルとはいえ、テーブル選択率だけで丸分かりですね。

ちなみに、最初の5回の有利区間だけでも以下のようにかなりそれっぽい推測結果になったので、やはりテーブル選択率は重要ですね。

blank

嬉しかったけどちょっと寂しかった日

・・・長くなりましたが、絆2の設定6を打った時のお話でした。

朝からツモれてしっかりと出せたことは絆好きとしては最高に嬉しいことですが、ちょっと寂しかったこともあります。

というのは、このツモが平日の朝イチに設定狙いをした初めての日だったということです。

は?平日はチョロいってか?一回ツモったくらいでイキってんじゃねえぞこのクソジジイ

と思われるかもしれませんが、そうではありません。

というのも、週末プラス特定日のホールで朝から絆2を10回くらいは打ったと思いますが、いまだに一度もツモれていないのです。「4はあったかも」という台に座れたことは何度かありましたが、確定は一度も出ず最後まで打ち切れずにヤメています。しかも週末の特定日は抽選の突破率も低いので、勝負の土俵に上がることすらできない日も多くあります。

そんな中、たまたま休みだった平日に絆2が増台ということで打ちに行ったらいきなり高設定に座れてしまうという。。。もちろん平日だからってそんなカンタンではないことは知っているつもりです。稼働が低くて状況が見えづらい中での押し引きという難しさもあるでしょう。

ただ今でも週末は稼働しないという専業者がいるように、平日の方が動きやすいというのは事実なのかなと思います。

この日は、抽選もほぼ最後尾だったのに狙い機種に座れて、しかも自分の隣も4以上確定、6が複数入っている中で全体ではニブイチで4以上はありそうな状況で、こんなオイシイ状況が競争倍率1倍以下の平日にあったとしても、週末休みの会社員にはお手上げですからね。

blank仕事後にホールにきたところで、ハイエナか「あって4」みたいな台がへタレヤメするのを待つくらいしかできないですからね。仮に夜19時からツモれてもAT機だから閉店ギリギリまでは打てないですし。

blank

 

だからこその週末なのですが、週末に抽選最後尾を引いたらそもそも絆には座れていないし、そもそも設定6を一台も使っていない可能性も高い。そう思うと、こういう理想的な設定狙いは環境と自分の条件、タイミングが整わないとなかなかできないものですよね。。。

文句いうならリーマンを辞めて「勇者」になるか、週末でもしっかり設定が入るお店を探して立ち回りを改善しろってことで、僕は今の仕事を辞めようとはしていないし、基本徒歩圏内でしか打たず、そのスタイルを変えようとしていない自分の責任なんですけどね。

おっと、、ツモってドヤドヤのハズがなぜかしんみりとしてしまった上に、気づけばアホかというくらいの長文になってしまいましたので、この日は期待値をたくさん取れてめでたしということで締めさせていただきます。最後までありがとうございました ☺️

-稼働記事

© 2020 最低賃金を目指すスロット