データ分析・攻略

マイジャグ3 全台設定6イベントのデータを公開!

投稿日:2017年4月22日 更新日:

先日、とあるホールでマイジャグ3で全台設定6をやっているホールがありました。

そのときのデータを、当日の状況を交えながら公開します!

イベントをやったホール

イベントをやったホールについて少しお話ししましょう。

今後、ジャグラーの設定狙いをする際のヒントがあるかもしれません。

まず、このホールは某等価交換店です。

イベントで集客をするのが好きなホールです。

地道な集客の努力をしていないので、イベントなどで煽るしかないのが現実だと思います。

イベントをやるときは比較的わかりやすい形が多く、若い人や軍団などが遠方からも参戦します。

パチプロや軍団に対するガードも甘く、一般客からは「いつも同じ若者や軍団が勝っている」と思われています。

また、接客もお世辞にもいいとは言えず、年配客や女性客があまりつかないホールでもあります。

 

このホールが、突然ジャグラーに力を入れ始めました。

おそらく、まったく受けない新基準機と、いずれはなくなる旧基準機を前に、さすがにやばいと思ったのでしょう。

旧基準機も頼りきりはまずい、かといって新基準もダメ。

ならばAタイプ、という感じでとってつけたようにジャグラーに力を入れたのだと思います。

 

 

このような方針転換をしたホールは狙い目になります。

なにせ、ジャグラーに関しては今までほとんど力を入れてこなかったホールです。

近隣店と比べて評判が悪く、客付きも悪く、常連客もいません。

このようなホールが、競合店からパイを奪おうと思えば、他店よりもさらに努力をしないといけません。

さらに、その努力を一定期間継続しなければなりません。

こういうホールの変化にいち早く気付くことができればチャンスです。

ホールもがんばってるところを見てもらいたいので、思い切った設定配分もあります。

今はイベントなどがかなりやりにくいので、すぐにライバルがこないこともあります。

いつかはライバルが出てきてシブくなるのは不可避ですが、少しの間だけでも、しれっと高設定台を打ちたいものですね。

イベントの状況

この日は、一応ジャグラーが強い日でしたが、雑誌とか来店のイベントではありませんでした。

ただ、前日に店内アナウンスでジャグラーを2機種、全6にするという示唆がありました。

店内にいた軍団やら常連やらはこのアナウンスを聞き、どの機種を狙おうかと考えたことでしょう。

「台数が多い機種は除外だろう」

「みんジャグはムリだろ。出過ぎちゃうから」

「アイムなら機械割が低いから、あり得る」

「ゴージャグは推測が難しいから避けたい」

「ハズレ機種にもダミーで多少は⑥があるかも」

と、みな思い思いに予想をしていました。

当日は、僕は朝から行かなかったのですが、100人近く並び、朝イチは主要なジャグラーは全て埋まったそうです。

 

みんな頑張るなあと思いつつ、午前11時頃にホールに行って様子を見ていると、マイジャグ3のシマが明らかにぶっちぎっている印象でした。

もうこの時点で、みんなマイジャグ3があたりシマだと確信している様子でした。

全員カチカチでトイレに行く様子もない・・・・

しかも、よく顔を見る軍団の打ち子が3人混ざってる・・・

閉店まで一台も空かないと確信し、ホールを移動します。

打っているメンツを見て、少しホッとしました。

なぜなら、どちらにしても抽選から参加してある程度の番号を引かないとマイジャグ3には座れもしなかったと思えたからです。

データ公開

それでは、データを公開しましょう。

このホールのマイジャグ3は全部で5台です。

スタート数 BIG REG 合算 差枚 出玉率(機械割)
A 10,120 44 (1/230) 44 (1/230) 1/115 4,551 113.7%
B 10,045 49 (1/205) 28 (1/359) 1/130 4,223 112.8%
C 10,174 36 (1/282) 34 (1/299) 1/145 697 102.1%
D 10,032 40 (1/251) 43 (1/233) 1/121 3,362 110.3%
E 10,180 46 (1/221) 37 (1/275) 1/122 4,469 113.4%
合計 50,551 1/235 1/272 1/126 17,302 110.5%

それでは、上のデータから見えることを考察していきましょう。

勝率は100%!

台数は5台だけですが、全台プラス差枚で終わっています。

マイジャグラーの設定6は、終日打てば勝率が95%近いと言われていますが、圧倒的な安定感を証明しています。

REGが少ない台も

マイジャグラーの設定6はREG確率が1/240なので、相当な回数になると思いがちですが、

実際にはREGがあまりついてきていない台も3台あります。

そのうち1台はREGが1/359です。全⑥だと思っていなければ、

「設定2の誤爆だろうなぁ」という評価を下していることでしょう。

5台中4台は快勝!

5台中3台4000枚オーバーの勝ちで、もう一台は3000枚オーバーです。

やはり安定感抜群ですね。

打ち手は全て専業・・・

回転数を見ればわかると思いますが、全台1万ゲーム越えです。

しかも、どれも似たり寄ったりのゲーム数になっています。

これの意味するところは、全台とも朝から閉店までほぼ休みなく回されていたということです。

おそらくトイレも我慢しながらの稼働だったと思います・・・

一般的に、こういう打ち方をするのは専業とか打ち子と言われる人種です。

常連のおばさんとか会社帰りのサラリーマンとか、そういうお客さんは誰一人打っていなかったことは確実です。

途中5万負けの台も

このデータだけではわかりませんが、C台は、途中かなり苦しい展開になっていました。

グラフは公開できないのですが、途中の段階でマイナス2,500枚まで落ち込んでいたのです。

2,500枚といえば5万円です。

恐ろしや・・・

 

最終的にはマイナス分を全てまくってプラスに転じましたが、夕方近い時間になっても現金投資を強いられていたようです。

あとで常連さんに聞いたら、

「みんな、あの台だけガセで、⑥じゃないんだろうって疑っていた」そうです。

しかし、打っている本人に聞くとブドウもすこぶる良好だったそうです。

かと思えば、途中ストレートで1000G近いハマりもあり、かなり疑心暗鬼で打っていたそうです。

 

BB 1/282, RB 1/299 というぱっとしない確率ながら、最終的にはプラス収支になっているのですから、ブドウはたしかに落ちていたのでしょう。

最終的には圧巻の光景に

5台中4台が3000枚オーバーで、残る一台も、2500枚吸い込んだ後に3000枚出しているので、この日のマイジャグ3のシマの光景はすごいことになっていたでしょう。

5台全員が3箱頭の上に積んでいるような状況なら、どんな人でも「スゲエー」とか「絶対なんかやってる!」と気づくでしょう。

終わりに

マイジャグラー3の全⑥イベントのホールデータはいかがでしたか?

僕の感想は、「羨ましいなあ」というのはモチロンですが、

ジャグラーはやはり難しいと思いました。

 

今回のデータは、状況的に全⑥と分かった上での結果論ですが、

もしそうでない状況で、分かりにくい挙動をされたらどうするべきでしょうか?

 

例えば、上のB台のように、BIGが1/200近くで絶好調でも、REGが1/360近くまで落ちたら低設定の誤爆と思ってしまうでしょう。

適当にハマった段階でやめる可能性だってあります。

逆に、設定推測要素が強くても、夕方前までに5万も吸い込まれて、持ちメダルが全部飲まれたら、そこでやめてしまうかもしれません。

 

 

狙い台があって、「これぞ高設定!」みたいなわかりやすい挙動をしてくれればいいですが、

現実にはそうならないことも多くあります。

 

もしマイジャグラー3が全6だと思っていなかったら、この台を粘れますか?

また、設定1 or 6みたいなわかりやすい配分ならいいですが、4とかが混ざっている状況ならさらに難しくなります。

そうやって考えるとジャグラーは難しいと思いますし、最後に頼るべきは、ホールの状況と自分が狙い台に対する自信になってくると思います。

 

全6は一番わかりやすいですが、その分競争率も高いものです。

全台系のイベントは、朝は当たりシマがどこかはわからない状態で、午後くらいに当たりシマがだんだん絞られてきてそのシマが満席になるというパターンが多いと思います。

しかし今回のイベントは、対象機種がジャグラーのみだったため、狙いも絞りやすかったでしょうし、マイジャグ3のシマが朝イチから突っ走ってしまって、閉店まで誰一人動かなかったので、結果的には朝イチの抽選勝負だったということになります。

 

僕は、このような競争率の高いイベントではなく、穴場的なところを探してしれっと高設定を打つ、というのも目標にしているので、ホールの状況やクセを掴むような方法をもっと身につけ、最低賃金が稼げるようになったら経験などをシェアしていきたいと思います!

-データ分析・攻略
-, ,

Copyright© 最低賃金を目指すスロット , 2018 All Rights Reserved.