稼働記事

最近負けすぎて思ったこと

投稿日:

どうも!

最近負けすぎまして、こんなツイートをしました。

今回はこの日のことを振り返りながら、最近負けまくっている中で考えたことなんかを書きたいと思います。おヒマな時にぜひ ☺️

朝イチの台選び 〜 撤収

この日は、今までずっと避けていたお店に行きました。このお店自体はよくいくんですが、特定日には全然行きませんでした。

この店は「やるときはやる店」で、凱旋や番長3といったハイスペック機種の全台系をやったり、しかもやるときは設定6にこだわり中途半端な設定でごまかさないというイメージがあります。ただ全台系の中に「どう見ても1だろ」って台なら一台混ざっていることもありますが 😱

設定狙いとは本来こういうお店で立ち回るべきなのでしょうが、僕はほとんど行っていませんでした。

その理由は、当然といえば当然ですが人が多すぎることにあります。店は狭く設置台数も少ない上に、朝は設置台数以上の人数が集まります。ただこの日は連休の真っ最中ということもあり、朝だけこの店でワンチャンを狙って、ダメならこの日は諦めるくらいの気持ちでした。

狙い的には導入したばかりのまどマギ3がおそらく全6、あとはリゼロとアクロス系が高配分になるだろうと思いました。

ただ予想通り抽選は悪かったので、入場してアクロスシマに向かい空いていた愛しのクラセレに確保券を刺します。ちなみにクラセレでさえも設定は入ることがあるので、もしも掴んでしまえば夢の116%ノーマルを一日堪能できます。

腰を下ろして周りを見渡すと、花火通の一台が50G消化で朝イチからH狙いをしていた人が台を捨てたところで、もう一台が開始15GでBIG消化中。

この店はアクロスに力を入れるときに花火通に設定Hもバカ正直に使うので、二台ある花火通が両方ともHでない時点で、

サイッチー
今日はアクロスの日じゃないのか

と不安になります。

そこで瞬間的にクラセレを諦めて、そこから他の台を探します。ただそうこうしているうちに他のお客さんも入ってくるので空き台もどんどん少なくなり、反射的に空いていたマイジャグを確保します。

そんな感じで押さえた台なので、一応打ちはしましたが400Gちょい回してREG1回の時点でヤメました。ヤメた理由は直感ですが、隣の台が当たりが軽かったのに加え、自分は消極的に押さえた台なので粘る気にはなれませんでした。夜にデータを見たら低設定っぽい数値で終わっていたので、あそこでヤメてよかったと思います。

その後はホール内をちょっとチェックしましたが、メイン機種に座れた打ち手はタコ粘りをするので、このまま待っていても疲れるだけだと思い、さらに他のホールで打つのも怖いと思い帰宅しました。

まあこの日のマイジャグに関してはシマトータルで107%、35000枚以上吐き出していたので、マイジャグに座ったこと自体は間違ってはいなかったようです。しかしそれよりも、アクロスのデータにショックを受けました。

まず朝イチ15GでBIGに当たっていて

サイッチー
今日は花火通に設定Hはない、つまりアクロスにやる気ない

と判断する材料に使った花火通が実は設定Hだったのです。

設定Hのボーナス確率は1/600以下の重たい確率ですが、引くときはサクッと引いてしまいますよね。しかも50Gで捨てられたもう一台もBIG中のハズレが複数回あり高設定だったようです。

つまり花火通は設定Hが一台と、もう一台は高設定、店の傾向的にたぶん6という状況で、アクロス系にこの日力を入れるという予想は当たっていたわけです。

そして朝の段階で一瞬だけ押さえたクラセレも高設定だったようで、合算1/98、プラス5000枚で閉店していました。ただこの台、最初の1000G時点でBIG4、REG1とかで死んでいたので、仮に僕が打っていたとしても、

「おいおいクラセレに設定なんか入るわけないだろ?この数値を見ろ!なに夢見てんだ!?」

と考えて途中で捨てていたと断言できます。まあ過去に使った実績があるお店という根拠もなくはないですが「設定6は別格」というイメージが強い機種なだけに、1000G B4R1になったら追い切れなかったでしょう。

攻めと守りのバランス

高設定が入りそうなところを予想して、それが的中し、さらに狙い台を確保することができたにも関わらず打つことすらせずに手放す空回りっぷり。

さらにいえば、仮に自分で打っていたとしても序盤の悪い展開に耐えられなかったはずなので、これではスロットで大きく勝つことは難しいでしょう。

スロットで勝つためには、感情に左右されない冷静さや用心深さも大事ですが、ある程度ホールのことを把握した後は、逃げと同じくらいに負けん気とか「自分を信じろ!」「まだまだわからない!」「他の打ち手を出し抜きたい!」「勝ってドヤりたい!」「この台で出したい!」みたいな気持ちも大事なのかなと、こんなことがあった日は特に思うわけです。

ビビりと攻めっ気、この相反する要素のバランスをうまく保てるのがベストなのでしょうが、これを両立するのって非常に難しいと思います。

トータルで勝てていない方は攻めっ気が強すぎるために結果的に高設定に期待できない台を長く打つことになってしまい、結果的に負けてしまうとケースがほとんどでしょう。僕もそういう攻めっ気が強すぎる時期が続いた後に、かなり意識的に守りとか用心深さを発達させ、そのおかげかトータルでは負けなくなりましたが、大きく勝つチャンスを掴みづらいという面もあります。

自分に足りないもの

せっかく狙いが当たっていたのに取り逃したので、あれこれと考えてしまうわけですが、これって結果論でもありますよね。自分がヤメた後に連チャンした台を見て「ウワァ、なんでヤメたんだ・・・」と嘆くのは簡単ですが、これから連チャンする確信などどこにもなければ、不安感の方が大きいからヤメたわけですよね。

出てきた結果を見てからあれこれいうのは誰でもできますが、それを事前に推理して判断しないといけないからスロットは難しくも楽しいゲームなんですよね。

今回も「花火通に設定Hはない → アクロスに期待できない日」という判断をしたわけですが、それって

「花火通の設定Hは投資1Kでボーナスが当たるはずがない」

という思い込みの産物です。

もしこの判断が誤っていなくて、移動先で高設定でもツモろうものなら

「ほらな?スロットってのは臨機応変に対応しないとダメなんだよ」

と、今ごろドヤ顔で全然違う記事を書いていたかもしれません。

なので結果に対してあれこれいうのは間違いかもしれませんが、僕の中で一抹の虚しさみたいなものがありました。それは

「僕はどっちに転んでもこの状況をモノにできなかった」

ということです。仮に花火通がすぐに設定Hだと見抜けたとしても、自分が押さえたクラセレで朝からいきなり400Gハマって、しかも1000G時点で設定1以下の合算になって2万近く入ったとしたら、

「大丈夫!今日はアクロスの日だから!低設定でも甘いし!」

といって追っていなかったと断言できます(僕は気長ではないので)。

もちろん、毎回花火通の設定Hが投資1Kで当たり、クラセレが朝一から400以上ハマるわけでもないから、

「まあ仕方ない。毎回こんな展開になるわけじゃないから」

と思うべきかもしれません。

しかし僕の中では、自分にはスロッターとして根本的に足りないものがあると感じました。それは冒頭でも書いたような「ライバルを出し抜きたい!」「6ツモってドヤりたい!」「10万勝ちたい!」みたいな気持ちです。

本来、こういう気持ちは冷静に立ち回るために不要なものでしょうし、トータルで勝てていない場合は、まずはそういう攻めっ気を捨て去るところからスタートするべきだと思います。しかし、ある程度の冷静さを身に付けたあとに、一度は封印した、人間の持つダイレクトな欲求を原動力にした「攻め」を召喚して、それを培った「守り」と融合させてこそ、スロッターとしてのレベルが上がるのかもしれません。

でも自分は、もっと高いレベルに行きたいと思っていないような気もするし、このあたりが自分のスロット打ちとしての限界なのかなと感じた次第でございます。

しばらく離れてみます

そしてツイートにも書いた通り、来月はスロットを離れようと思います。といってもそんな大げさなものではなく、再来月以降はまた普通にジャグラーを打って泣き言を垂れているでしょう (^_^)

余談ですが、僕は若い頃は仕事人間でしたが、ある時期から熱意を失いました。

若い頃は僕も尖っていて「ジジイどもはやる気ないんならマジ消えろ」とか普通に思っていましたからね。自分の若さと熱意を武器に深夜まで働いたり、入院していた病院を抜け出して仕事をしたりなんてこともありました。そんな僕もジジイになり、やる気はないくせに居座るという、若い頃にもっとも忌み嫌っていた人種になってしまっています。

あと、スーパーとかに行って若い頃は眼中にもなかった漬物とか煮物を手に取るようになって、

サイッチー
こうやってみんな歳とっていくんだなぁ

としみじみと思わされます。

まあそうやってサボりつつスロットを打ったりしているのですから、方向性を失っているのでしょう。さらにそのスロットですら、しっかり勝つとなるとある程度のことはやらないといけないけど、それすらできていない自分に嫌気が差すという感じでしょうか。

かといって今から仕事人間に戻れるとも戻りたいとも思えません・・・そんなこともあるのと、最近スロットでうまくいかないから逃げ、というわけでもないですが、最近はいわゆる不労所得的なモノを少し考えています。カテゴリ的には海外不動産ということになりますが、見えてきた小さな成功に希望も感じています。リスクはジャンルによって変わってくると思いますが、仕事がキライな人こそ興味のあるジャンルでトライしてみる価値はあるかなと最近思ったりします。

以上、「スロットルもうムリ😭」と泣き言でしたが、おそらく僕はまだ打つでしょう。100K負かされた翌日にこれからホールを散歩しに行こうと思っているくらいのビョーキ持ちですから ☺️

-稼働記事

Copyright© 最低賃金を目指すスロット , 2019 All Rights Reserved.